財産分与に伴う税金

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

財産分与を受ける(もらう)側の税金

4c41988dbdd21e9ec912439c592e26cb_s

財産分与(または慰謝料)は、受け取る物が何であろうと、”受ける側”に税金はかかりません。

これは財産分与が贈与ではなく「夫婦の財産関係の清算、あるいは離婚後の生活保障のための給付」と考えられるからです。

ただし、周りからは何が贈与で何が財産分与なのか、確認できるものがなければ分かりません。たとえば、離婚した後になって税務署から「この通帳に振り込まれた500万円は贈与ではないか」などと指摘を受けた時、財産分与であることを証明するものがなければ、困ったことになる可能性が無いとも言えません。

贈与ではなく財産分与として受け取った財産である、との証拠を残す意味からも、離婚協議書などの書面を作成しておいた方が良いことは確かと言えるでしょう。

ただし、次のいずれかに当てはまる場合には贈与税がかかるので注意が必要です。

  • 分与された財産の額が、婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額やその他すべての事情を考慮してもなお多過ぎると考えられる場合、多過ぎる部分に対して贈与税がかかります。
  • 離婚が「贈与税や相続税を免れるために行われた」と認められる場合、離婚によって得た財産すべてに対して贈与税がかかります。

なお、財産分与や慰謝料の支払いを不動産で受ける場合には「財産分与」あるいは「慰謝料」を原因とする登記も必要となります。

登記手続きを司法書士に依頼する際、離婚を隠して単に「妻名義にしてほしい」と依頼し、登記原因が「贈与」になって、後から高い贈与税を課されそうになった例もありますので注意しましょう。

botan1

財産分与で譲渡する側の税金

400858d13c16e16934fad2c8a27718b3_s

財産分与(または慰謝料)を金銭以外の財産で支払った者には、譲渡所得税がかかることがあります。

財産分与で利益があるわけでもないのに税金がかかるのはおかしな話のように感じられるかもしれませんが、これは税法上の難しい理屈によるもので、とにかく課税されているのは事実です。

これが支障となって夫が財産分与を渋る例もありますので、そのような場合には、まず税理士などによく相談して解決を図るとよいでしょう。

botan2

関連記事

  • 財産分与財産分与 財産分与とは? 結婚後、夫婦が協力をして築き上げた財産(共有財産)を離婚時に清算をすることを「財産分与」といい、厳密にはこれを「清算的財産分与」と言います。 […]
  • 扶養的財産分与とは?扶養的財産分与とは? 扶養的財産分与 離婚後の扶養を目的とした財産分与のことを「扶養的財産分与」といいます。これは、離婚に際して、配偶者の一方に経済的な不安がある場合、経済的援助とい […]
  • 慰謝料的財産分与とは?慰謝料的財産分与とは? 慰謝料的財産分与 慰謝料的財産分与は精神的損害に対する賠償という性質を持つ財産分与です。従って、精神的損害がないような場合は慰謝料的財産分与は発生しません。 一般的に […]
  • 財産開示手続財産開示手続 財産開示手続とは 民事執行法改正により新しくできた制度が「財産開示手続」です。これまでの金銭執行の手続では、債権者は執行の対象たる債務者の財産を特定して手続きの […]
  • 財産分与の対象財産財産分与の対象財産 財産分与はあくまでも「離婚の際に現にある資産」で、しかも「夫婦が結婚してから築いた資産」を対象とします。そのため、結婚してからわずか数ヶ月で離婚する場合とか、長年連れ添ってき […]
  • 財産分与が分割払いになる場合はできるだけ公正証書に財産分与が分割払いになる場合はできるだけ公正証書に 財産分与が分割払いになる場合 財産分与や慰謝料の清算は、離婚時の一括清算が望ましいといえます。しかし、実際には相手方の支払能力から分割払いに応じざるを得なかったり、 […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲