財産開示手続の要件

e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

確定判決を受けたのにもかかわらず、債権者が債権を回収できない背景には、債務者が財産についての情報を隠匿しているなどの理由がありますが、同時にプライバシーの保護という観点から積極的に情報開示を追及できなかったという点もあります。

つまり、財産についての情報が開示されないのは必ずしも債務者に非がある理由だけではありません。そのような観点から、財産開示手続は誰でも気軽に簡単に利用できる制度とはなっていません。この手続の利用には以下のような要件が満たす必要があります。

  • 現状では完全な弁済が得られないことの疎明があること
  • 執行力のある債権名義の正本を有する債権者であること
  • 債務者が3年以内に財産開示を行っていないこと

botan1

現状では完全な弁済が得られないことの疎明があること

dc5a7d7ebbd1c162ac4ab9560dd8184e_s

財産開示手続を利用するには次のいずれかの「疎明」が必要です。

強制執行で申立人が債権の完全な弁済を得られなかったことの疎明をする際の提出資料

配当表又は弁済金交付計算書の謄本 開始決定正本又は差押命令正本 配当期日呼出状など

知れている財産に対する強制執行では債権の完全な弁済を受けられないことの疎明をする際の提出資料

  1. 「不動産を所有していないこと」「無剰余であること」を疎明する際の提出資料
    不動産登記簿謄本 調査結果報告書 第三者の陳述書  聴取書 不動産登記簿謄本 調査結果報告書など
  2. 「完全な弁済を得られる債権が存在しないこと」、「勤務地、給料等が不明であること」を疎明する際の提出資料
    商業登記簿謄本 調査結果報告書など
  3. 「動産に価値がないこと」を疎明する際の提出資料
    第三者の陳述書 聴取書 調査結果報告書など
  • 参照条文
    民事執行法197条1項1号・2号、2項1号・2号
  • 疎明
    疎明は証明とは異なります。証明とは、ある事実について裁判官が確信を抱いてよい状態に達するまで証拠を提出することをいい、疎明とは、証明の程度までは至らないが「一応確からしい」と推測できる状態に達するまでの証拠提出活動をいいます

botan2

執行力ある債権名義の正本を有する債権者であること

MOK_kyouhei-kijyounohuukei500

財産開示手続は「確定判決を実現するため」の制度です。従って、申立人の要件は「執行力のある債権名義の正本を有する債権者」(民事執行法197条1項)となります。なお、財産開示手続における「債務名義の正本」とは次のような書面のことを指します。

執行文の付与が必要なもの

  • 判決正本
  • 手形判決正本
  • 和解調書正本
  • 民事調停調書正本
  • 訴訟費用額確定処分正本

執行文の付与が不要なもの

  • 小額訴訟判決正本
  • 家事審判正本

執行文が必要な場合と不要の場合があるもの

家事調停調書正本(調停で養育費を定めた際の書面)

債務名義と扱われないもの

以下の書面は債務名義と扱われないので注意が必要です。

  • 仮執行宣言付判決
  • 仮執行宣言付支払督促
  • 確定した支払督促
  • 公証人の作成する執行証書
    離婚協議書を「強制執行認諾約款付公正証書」として作成したものは「公証人の作成する執行証書」に含まれます。

botan1

債務者が3年以内に財産開示を行っていないこと

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

債務者が申立の日より前3年以内に財産開示をしている場合、債権者は財産開示を要求することができません(民事執行法197条3項)。

ただし、債務者が財産開示の際に一部の財産についてのみしか開示しなかった、前回の財産開示後に新たな財産を取得している、雇用関係に変動があったなどの事由がある場合、財産開示を請求することは可能です。その場合申立人による各事由の証明が要求されます。

botan2

関連記事

  • 長い間お付き合いをする「養育費」をどう考えるべきか?長い間お付き合いをする「養育費」をどう考えるべきか? 養育費が最後まで滞りなく支払われる確率は約2割? 養育費の有無が子どもの将来に極めて大きな影響を与えます。養育費は子供の健全な育成を図るために必要不可欠なお金で […]
  • 養育費の取り決めから強制執行までの流れ養育費の取り決めから強制執行までの流れ 養育費の協議から強制執行までの流れ 養育費は原則として当事者の話し合いで取り決めるとされていますが、協議がまとまらなかったり、協議自体ができない場合は、家庭裁判所の調停 […]
  • 養育費の取り立て・強制執行養育費の取り立て・強制執行 将来分の養育費の差し押さえ 平成15年8月、養育費の回収方法について重大な法改正(民事執行法の一部改正)があり、平成16年4月1日から利用できるようになりました […]
  • 安易に「養育費はいらない」と言わないこと!安易に「養育費はいらない」と言わないこと! 養育費は子を引き取て育てる親の権利ではなく、子供自身の扶養請求権です。従って、父母が「養育費はいらない」と合意した場合でも、その合意は(父母の間では有効でも)子供との関係 […]
  • 養育費養育費 養育費とは 養育費とは、子供が親から自立するまで養育してもらうための費用(監護養育に必要な費用)です。実際には、子供を引き取っている親が、もう一方の親から費 […]
  • 財産開示手続財産開示手続 財産開示手続とは 民事執行法改正により新しくできた制度が「財産開示手続」です。これまでの金銭執行の手続では、債権者は執行の対象たる債務者の財産を特定して手続きの […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲