安易に「養育費はいらない」と言わないこと!

7ca7bad0b7217e0ed7d3a0944ecaeeca_s

養育費は子を引き取て育てる親の権利ではなく、子供自身の扶養請求権です。従って、父母が「養育費はいらない」と合意した場合でも、その合意は(父母の間では有効でも)子供との関係では無効と考えられるため、子供は成人するまでの間、養育費を請求することができます。(実際は、法定代理人である親が子供に代わって請求することになるでしょう。)

後に養育費を請求できるかどうかは、その他の事情によっても変わってきます。たとえば、子供と離れ離れになる夫が子供の将来を案じ、将来の養育費に相当する十分なお金を既に渡していたような場合は、その後の養育費の請求は難しいでしょう。なぜなら「夫は養育費を先払いしている」と考えることができるからです。

反対に、離婚を強く望む妻が、夫の「離婚して欲しいなら養育費は今後一切請求しないと約束しろ!」という脅しに屈して「今後一切請求しない」と合意した背景があるなら、その後の養育費は認められやすいでしょう。なぜなら、父母の個人的な感情や事情によって、物言えぬ子供が権利を失うようなことがあってはならないからです。

「この夫(または妻)とは今後一切関わりたくない」という思いが強い方は、その後の面倒な関わりから解放された一心でつい、「お金はいらないから今後一切関わらないで」などと約束してしまいがちです。

しかし、そこで一歩踏みとどまり「養育費は子供の権利」という点を改めてお考えください。安易な養育費の放棄は子供のためにならないだけでなく、後のトラブルの火種にもなりかねません。

「養育費は請求しない」という合意の背景にあるのは、ほとんど親の勝手な事情です。子供を引き取る多くの親の心情は「子供を会わせたくないから養育費も請求しない」ですが、反対に、子供と離れて暮らす親の心情は「子供と会わせてもらえないなら払わない」です。

このような心情も仕方ない側面はあるとしても「仕方ない」と済ませて本当に良い問題でしょうか?誰の子供でもない、皆さん自身の子供のお金です。迷った時はご相談ください。

botan1

関連記事

  • 長い間お付き合いをする「養育費」をどう考えるべきか?長い間お付き合いをする「養育費」をどう考えるべきか? 養育費が最後まで滞りなく支払われる確率は約2割? 養育費の有無が子どもの将来に極めて大きな影響を与えます。養育費は子供の健全な育成を図るために必要不可欠なお金で […]
  • 養育費の取り決めから強制執行までの流れ養育費の取り決めから強制執行までの流れ 養育費の協議から強制執行までの流れ 養育費は原則として当事者の話し合いで取り決めるとされていますが、協議がまとまらなかったり、協議自体ができない場合は、家庭裁判所の調停 […]
  • 養育費の取り立て・強制執行養育費の取り立て・強制執行 将来分の養育費の差し押さえ 平成15年8月、養育費の回収方法について重大な法改正(民事執行法の一部改正)があり、平成16年4月1日から利用できるようになりました […]
  • 養育費養育費 養育費とは 養育費とは、子供が親から自立するまで養育してもらうための費用(監護養育に必要な費用)です。実際には、子供を引き取っている親が、もう一方の親から費 […]
  • 財産開示手続の要件財産開示手続の要件 確定判決を受けたのにもかかわらず、債権者が債権を回収できない背景には、債務者が財産についての情報を隠匿しているなどの理由がありますが、同時にプライバシーの保護という観点か […]
  • 財産開示手続財産開示手続 財産開示手続とは 民事執行法改正により新しくできた制度が「財産開示手続」です。これまでの金銭執行の手続では、債権者は執行の対象たる債務者の財産を特定して手続きの […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲