離婚が認められるための別居期間

6d4309e0fec513b6fe01c1c5a8b514cd_s

積極的破綻主義

2ba792a16b23048b71c4897c52de81da_s

別居した夫婦の離婚が積極的に認められる傾向にありますが、この風潮を積極破綻主義ということがあります。

もとに戻らない、夫婦関係が既に破綻している、などの理由で一方が離婚を望んでいなくても離婚を認める判決がでることがあります。

しかし、具体的に「何年の別居」と規定があるわけではなく、8年でも認められたケースもあれば、逆に20年、13年でも認められなかったケースもあります。

一方的に離婚を申立てた場合、認められるかどうかは、相手の離婚後の生活が現状と比べて良くなるか悪くなるか といった判断がされるようです。

botan1

裁判はできるだけ弁護士に依頼する

BJK_kyouheikangaeru500
いざ裁判をすることが決まったら迷わず弁護士に相談してください。本人訴訟もできますが、自分の主張を十分に主張し、その裏づけとなる離婚事由の存在や財産の証明などを自分ですることは、かなり複雑で難しいといえるからです。

それなりの費用はかかりますが、大事なところでお金をケチると逆に高い授業料を払うことになる可能性が高いのです。判決が出た後では、取り返しのつかない事態になることも十分考えられますので、慎重に行動するよう心掛けましょう。

botan2

関連記事

  • 離婚裁判のポイント離婚裁判のポイント 離婚訴訟を起こされた場合 定められた期日までに裁判所と原告又はその代理人に答弁書を送付し、呼出状に記載された期日に裁判所に出頭してください。 答弁書には, […]
  • 離婚裁判離婚裁判 離婚裁判とは? 離婚について家事調停で解決ができない場合には、最後の手段として離婚訴訟を起こすことになります。 離婚訴訟では、離婚そのものだけでなく、未成 […]
  • 離婚裁判の訴状の提出(費用・必要書類)離婚裁判の訴状の提出(費用・必要書類) 訴状の提出先離婚訴訟における訴状の提出先は原則として、夫又は妻の住所地を受け持つ家庭裁判所です。 ただし,その家庭裁判所と人事訴訟を起こす前に家事調停を取り扱った家 […]
  • 裁判で離婚が成立した後の手続き裁判で離婚が成立した後の手続き 裁判離婚が成立した後の離婚の届け出 裁判で離婚が認められた場合、既に離婚の効力は発生しているのですが、報告的な意味合いで届出をする必要があります。 […]
  • 離婚裁判とは?離婚裁判とは? 離婚裁判とは 離婚について家事調停で解決ができない場合には、最後の手段として離婚訴訟を起こすことになります。 離婚訴訟では、離婚そのものだけでなく、未成年 […]
  • お金に関する嘘や秘密は夫婦の信頼関係を破壊するお金に関する嘘や秘密は夫婦の信頼関係を破壊する 夫婦の所得や貯蓄の金額には何の問題もなくても、信頼関係を壊す嘘や秘密や隠ぺい等によって、離婚の危機に陥ることがあります。まず、結婚前に多いのは婚約者に年収や借金の金額を偽 […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲