離婚を回避したい人は

夫婦関係修復カウンセリングでは「どうやったら夫婦関係を良好な状態に戻せるか」を、専門家と共に考えていきましょう。ここではあえて「離婚の要因」を探ることはしません。

夫婦関係修復カウンセリングなぜなら、過去のいきさつを問題にすることは、夫婦関係の修復に結びつきにくいと考えられるからです。このコースを選択された方は、「離婚したくない!」という意思が明確なはずですから、私共も積極的に夫婦関係修復に必要と思われるアドバイスをさせていただきます。

関連記事

  • 夫婦カウンセリング夫婦カウンセリング 行政書士がカウンセリング? 私、西田和雅は行政書士でありながら、夫婦関係の修復支援をも含めたカウンセリングを行っています。”なぜ法的な専門家がカウンセリング?” […]
  • 親族は本質的な判断をするのが難しい親族は本質的な判断をするのが難しい 一般的に離婚の手続きで取り扱われる問題の多くは表面的な問題です。たとえば、暴力を振るった人の多くは、それが良くないと知りつつ、自分を抑えきれずに暴力を振るってしまうケース […]
  • 不倫相手から夫を取り戻した私の体験記不倫相手から夫を取り戻した私の体験記 貧しいけれど幸せだった日々 私たち夫婦は今、小学生の息子二人と共に海外に住んでいます。主人は1ヶ月おきぐらいに仕事で日本に行き来しており、総じて1年の約半分は日本に行っ […]
  • 離婚する当事者双方に責任がある場合の慰謝料離婚する当事者双方に責任がある場合の慰謝料 慰謝料を考える場合は、まずどちらが離婚の原因を作ったかをハッキリさせるのが第一段階です。離婚原因を作った者であっても、相手方にも責任があるなら慰謝料は請求できますが”双方 […]
  • 「分かってくれない」はお互い様。思いはキチンと伝えよう!「分かってくれない」はお互い様。思いはキチンと伝えよう! 「言わないと伝わらない」を原則にする お互いの価値観に関しては、納得いくまで話し合った方がいいでしょう。婚姻生活を続けていると「配偶者のことは何でも知っている」 […]
  • 悲しい離婚調停の実態悲しい離婚調停の実態 長い時間が必要な離婚調停 実際に調停を経験した人はよくご存知かもしれませんが、申し立てを行ってから第1回目の調停までかなり時間がかかります。 裁判所の都合 […]

コメントは受け付けていません。

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲