離婚を回避したい人は

夫婦関係修復カウンセリングでは「どうやったら夫婦関係を良好な状態に戻せるか」を、専門家と共に考えていきましょう。ここではあえて「離婚の要因」を探ることはしません。

夫婦関係修復カウンセリングなぜなら、過去のいきさつを問題にすることは、夫婦関係の修復に結びつきにくいと考えられるからです。このコースを選択された方は、「離婚したくない!」という意思が明確なはずですから、私共も積極的に夫婦関係修復に必要と思われるアドバイスをさせていただきます。

関連記事

  • 夫婦カウンセリング夫婦カウンセリング 行政書士がカウンセリング? 私、西田和雅は行政書士でありながら、夫婦関係の修復支援をも含めたカウンセリングを行っています。「なぜ法的な専門家がカウンセリング?」 […]
  • はじめての方へはじめての方へ 夫婦問題に関連した情報の提供とご相談 このサイトは、夫婦問題の情報提供とこれに関連する全般的な情報提供と相談を行う夫婦問題相談所が運営しています。以下に、夫 […]
  • 夫婦の間で問題となる様々な金銭問題夫婦の間で問題となる様々な金銭問題 夫婦の問題が考え方を変えるだけで改善できるものなら、前向きに関係修復の検討もできるのですが、生活がかかるお金が深刻な状況に陥っている場合、関係改善は相当難しい作業になると […]
  • 類似事例の判例を参考にしてみよう類似事例の判例を参考にしてみよう 離婚の原因が性格の不一致や親族問題の場合、責任の立証が困難なため、慰謝料の話を持ち出したとたんに話がこじれがちです。 反対に、責任の所在や根拠が明白なら、慰謝料の協 […]
  • 配偶者の給料に感謝できない配偶者の給料に感謝できない 配偶者の給料に感謝の気持ちを持てないと、それが引き金で離婚に発展することがあります。 たとえば、夫が一生懸命働いて帰宅しても、妻が夫の稼ぎに感謝の気持ちを持たないで […]
  • 離婚裁判の訴状の提出(費用・必要書類)離婚裁判の訴状の提出(費用・必要書類) 訴状の提出先離婚訴訟における訴状の提出先は原則として、夫又は妻の住所地を受け持つ家庭裁判所です。 ただし,その家庭裁判所と人事訴訟を起こす前に家事調停を取り扱った家 […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲