離婚を回避したい人は

夫婦関係修復カウンセリングでは「どうやったら夫婦関係を良好な状態に戻せるか」を、専門家と共に考えていきましょう。ここではあえて「離婚の要因」を探ることはしません。

夫婦関係修復カウンセリングなぜなら、過去のいきさつを問題にすることは、夫婦関係の修復に結びつきにくいと考えられるからです。このコースを選択された方は、「離婚したくない!」という意思が明確なはずですから、私共も積極的に夫婦関係修復に必要と思われるアドバイスをさせていただきます。

関連記事

  • 夫婦カウンセリング夫婦カウンセリング 行政書士がカウンセリング? 私、西田和雅は行政書士でありながら、夫婦関係の修復支援をも含めたカウンセリングを行っています。「なぜ法的な専門家がカウンセリング?」 […]
  • 事務所の概要事務所の概要 基本情報 申込方法及び決済の概要
  • 財産分与とは?財産分与とは? 財産分与とは? 結婚後、夫婦が協力をして築き上げた財産(共有財産)を離婚時に清算をすることを「財産分与」といい、厳密にはこれを「清算的財産分与」と言います。 […]
  • 「親族との不和」は男性が選ぶ離婚理由の第3位「親族との不和」は男性が選ぶ離婚理由の第3位 意外に多くて根の深い親族問題を理由とする離婚 「親族との折り合いが悪い」は、男性が選ぶ離婚理由のうち、「性格の不一致(男性1位)」「異性関係(男性2位)」に次い […]
  • 暴力問題の各種データ(暴力発生の割合、被害者・加害者・子供に与える影響)暴力問題の各種データ(暴力発生の割合、被害者・加害者・子供に与える影響) 配偶者から暴力を受けた割合 配偶者からの暴力は、家庭内で行われることが多いことから、実際の発生件数を把握することは困難です。 平成14年10月、内閣府が「 […]
  • 自分が被害者だと言い張る(加害者の特徴)自分が被害者だと言い張る(加害者の特徴) 加害者は「自分がされること」にはとても敏感なので、他人の些細な言動を大きく取り上げ「やる気がない」「人の気持ちが分からない」「酷いことを言われた」「自分の話を聞かない」な […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲