離婚を回避したい人は

夫婦関係修復カウンセリングでは「どうやったら夫婦関係を良好な状態に戻せるか」を、専門家と共に考えていきましょう。ここではあえて「離婚の要因」を探ることはしません。

夫婦関係修復カウンセリングなぜなら、過去のいきさつを問題にすることは、夫婦関係の修復に結びつきにくいと考えられるからです。このコースを選択された方は、「離婚したくない!」という意思が明確なはずですから、私共も積極的に夫婦関係修復に必要と思われるアドバイスをさせていただきます。

関連記事

  • 夫婦カウンセリング夫婦カウンセリング 行政書士がカウンセリング? 私、西田和雅は行政書士でありながら、夫婦関係の修復支援をも含めたカウンセリングを行っています。「なぜ法的な専門家がカウンセリング?」 […]
  • 離婚届の提出離婚届の提出 離婚届には夫婦および成年の証人二人以上が署名しなければなりません。離婚届の用紙は、市区町村役場に備えてあります。離婚届の提出先・提出方法は以下のとおりです。 提 […]
  • 配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない 精神病の配偶者を放置したままの離婚請求は認められにくい 配偶者が強度の精神疾患におかされ、回復する見込みがなく、夫婦生活の本質的な義務が果たせない状態になった時 […]
  • 面会交流に関して取り決めておくべき事柄面会交流に関して取り決めておくべき事柄 愛を与える人が多いほど子供は幸せに近づく 離婚する方々の多くは面会交流の具体的な取り決めができていません。具体的な取り決めをしていなくても、離婚の当事者双方が、 […]
  • 容姿・能力・失敗を非難する(加害者の特徴)容姿・能力・失敗を非難する(加害者の特徴) 加害者は、誰でも言われたら傷つくであろう「ブス」「チビ」「ハゲ」「デブ」「キモイ」「生理的に受け付けない」といった容姿等の非難も平気で言うなど、言われる人の気持ちなどお構 […]
  • 親族に正しい法的知識は期待しづらい親族に正しい法的知識は期待しづらい 妻の浮気と養育費の問題は法律的には全く別です。養育費を支払う側の気持ちが理解できないわけではありませんが、感情が優先してしまうと、浮気をした妻のために無関係の子供が自分の養育 […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲