離婚を回避したい人は

夫婦関係修復カウンセリングでは「どうやったら夫婦関係を良好な状態に戻せるか」を、専門家と共に考えていきましょう。ここではあえて「離婚の要因」を探ることはしません。

夫婦関係修復カウンセリングなぜなら、過去のいきさつを問題にすることは、夫婦関係の修復に結びつきにくいと考えられるからです。このコースを選択された方は、「離婚したくない!」という意思が明確なはずですから、私共も積極的に夫婦関係修復に必要と思われるアドバイスをさせていただきます。

関連記事

  • 夫婦カウンセリング夫婦カウンセリング 行政書士がカウンセリング? 私、西田和雅は行政書士でありながら、夫婦関係の修復支援をも含めたカウンセリングを行っています。”なぜ法的な専門家がカウンセリング?” […]
  • 二度離婚するも、強く明るく3人の子を育てる女性のお話二度離婚するも、強く明るく3人の子を育てる女性のお話 激動の生い立ち 「この人となら!」と思って将来の伴侶を選んだ方は少なくないと思います。でも今「自分はそうだったか?」と思うと考えるところはたくさんあります。 そも […]
  • 性的暴力に当たるのはどんな行為?性的暴力に当たるのはどんな行為? 性的暴力に該当する行為 性的暴力の具体例としては以下のような行為が挙げられます。 性的暴力の体験談 いやな時も強要されて、辛かった。避妊をしてくれな […]
  • 内縁関係内縁関係 内縁関係とは 婚姻届を出していないが、事実上夫婦と同様の関係にあるものを”内縁関係”といいます。内縁関係と似た関係に、同棲という関係がありますので、まずはこの区別を […]
  • 財産開示手続財産開示手続 財産開示手続とは 民事執行法改正により新しくできた制度が”財産開示手続”です。これまでの金銭執行の手続では、債権者は執行の対象たる債務者の財産を特定して手続きの […]
  • 慰謝料の取り決めはなるべく書面に残しておこう慰謝料の取り決めはなるべく書面に残しておこう 慰謝料の取り決めをする場合は、できるだけ契約書を作成しておいた方が良いでしょう。なぜなら、たとえ慰謝料が即金で支払われて問題が終結する場合でも、紛争再燃の可能性が十分にあ […]

コメントは受け付けていません。

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲