生活費を渡さない

4c41988dbdd21e9ec912439c592e26cb_s

夫婦はお互いに協力・扶助し(民法第752条)、生活費を分担する義務(民法第760条)を負っています。

夫婦の一方が、家庭が経済的・精神的に困ることになるのを知りながら、失業や病気などのやむをえない事情もないのに勝手に生活費の分担をやめれば、悪意の遺棄として離婚原因になる可能性があります。

botan1

悪意の遺棄に該当するかどうかの判断

家族が精神的・経済的に困窮することを知りながら、一定期間の生活費を入れない状態を続けると、悪意の遺棄に該当します。

ただし、家族が精神的・経済的に困窮することを”知っている”というだけでは 悪意の遺棄には当たりません。

また、失業や病気で生活費を渡せないなど、生活費を入れられないことに、正当な理由がある場合も、悪意の遺棄に当たりません。

悪意の遺棄にならない場合でも、生活費の分担をやめたことにより 家族が生活に困窮し、家庭が崩壊した場合には「婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚原因になることがあります。(民法第770条)

botan2

 

関連記事

  • 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき配偶者の生死が3年以上明らかでないとき 生死不明とは「生きているのか死んでいるのか分からない状態」のことをいう 配偶者が3年以上生死不明の状態にあり、かつその状態が継続している場合には,民法770条1項3 […]
  • 配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない 精神病の配偶者を放置したままの離婚請求は認められにくい 配偶者が強度の精神疾患におかされ、回復する見込みがなく、夫婦生活の本質的な義務が果たせない状態になった時 […]
  • 信仰上の相違信仰上の相違 信仰の相違は直ちに離婚原因となるわけではない 結婚する当事者の信仰や宗教に違いがあっても、直ちに婚姻生活を継続しがたい重大な理由になるわけではありません。 […]
  • 悪意の遺棄とは?悪意の遺棄とは? 悪意の遺棄とは? 悪意の遺棄とは、簡単に言うと配偶者や家族を”ほっておくこと”です。民法第752条には、夫婦は一緒に暮らし(同居義務)、家計を共通にして助け合っ […]
  • お金を管理する能力が乏しいと夫婦関係は破綻に近づくお金を管理する能力が乏しいと夫婦関係は破綻に近づく 夫婦の関係は、お金に関する価値観や考え方に問題がなくても、お金を現実的に管理する能力が不足していると、破綻することがあります。 たとえば、人一倍妻子を愛する気持ちが […]
  • 金銭感覚の違い(お金に関する価値観の相違)金銭感覚の違い(お金に関する価値観の相違) 私は、配偶者の浪費に関するご相談も相当数お受けしてきましたが、具体的な事情を伺うと、問題の本質は浪費ではなく「価値観の相違(金銭感覚の違い)」と判明することがよくあります […]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲