性格・価値観・頑張りを認めない(加害者の特徴)

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

モラハラの加害者(以下「加害者」と表記します)は「非難すべきほどではない配偶者の性格や価値観」を執拗に非難します。

たとえば「男は積極的に新しいことにチャレンジする精神が必要だ」という考え方の加害者は、配偶者が家でくつろいでいるだけで「ダメな配偶者」と決めつけます。

「平日仕事を頑張っていると、休日はゆっくりしたいだろう」といった具合に、配偶者の立場に立って物事を考えようとしたり、思いやりの気持ちを持つことができません。

配偶者が「休日くらい子供たちと遊んでやろう」と、良かれと思って子供と遊んでも「子供と遊んでばかりで役に立たない!」と非難します。

また、加害者は、配偶者が毎日仕事を真面目に頑張っていても「当たり前」と言って評価しないどころか「やろうと思えばもっと働ける。他には本業の後にバイトをしている人もいる。だけどあなたは本業だけ。やる気が無いとしか思えない。」などと言い、更には給料の額に対しても「大した稼ぎもないくせに!」などと非難したりもします。

botan1

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

全校対応受付窓口。お気軽にご相談ください。電話番号088-209-0405

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲